10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

syainyrain

Author:syainyrain
FC2ブログへようこそ!

アクセス

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
23077位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アンチエイジング
3762位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポラリスの効果と施術について

2012.04.13 22:35|ポラリス
ポラリス効果により肌のたるみやしわの気になる所を引き締めることが可能です。
実際のポラリス施術について説明しましょう。
美容皮膚科とか整形外科で、ポラリスの施術は行われています。


ポラリスを受ける際は、メイクは全て落として素顔になります。
そのほうがポラリスの効果があらわれます。
病院によってはクリームタイプ、もしくは貼るタイプの麻酔をすることがあります。


ポラリスは施術時にそれほど強い痛みを感じないため、通常は麻酔なしです。
希望すれば麻酔を使ってもらえるというところもあります。
光を照射する皮膚にジェルを伸ばせば準備は終了です。


照射する回数にもよりますが、大体は30分ぐらいで終わります。
終わったら患部を少しクールダウンさせてから、普通にメイクをして帰ることができます。
メスで肌を切ったりしませんので、入浴にも制限はありません。


ポラリスの照射は一度では終わらず、2週間~1カ月おきに4~5回、
様子を見ながら行います。1年に1度ポラリスを受けることで、
肌の引き締め効果を持続させることが可能です。


年齢とともに深く刻まれたしみやたるみの改善には時間がかかりますので、
単発でも効果はありますができれば重ねがけしたいものです。
いきなり顔がガラッと変わりはしない点が、ポラリスと整形が違うところです。


コラーゲンがゆっくりと作られるたびに今までと違った肌表面のハリと潤いを徐々に
ポラリスの効果として感じることができるようになるようです。
スポンサーサイト

クリニックで行うフォトフェイシャルのメリット

2012.03.04 20:24|スキンケア
クリニックでフォトフェイシャルを受ける利点に、術後のトラブル対策が安心できる点があります。
フォトフェイシャルは一度当たり20分~30分かかります。
光を照射された時にパチンという軽い衝撃を感じることがありますが、フォトフェイシャルは肌に痛みが走ることはほとんどないようです。
皮膚科の施術内容によっては、フォトフェイシャル前に麻酔薬を皮膚に塗るというところもあります。肌へのダメージが少ないので、施術直後に洗顔や化粧をすることも可能です。
クリニックのフォトフェイシャルでは、若返りを施したい顔の部分の全体に光をあて、肌本来の持つみずみずしさや代謝能力を蘇らせてくれます。
フォトフェイシャルは肌の保湿効果を高めるコラーゲンが多くできるようにしつつ、メラニンを取り除いて肌の白さを復活させます。
クリニックで行うレーザー治療のレーザーが単一の色の光で出来ています。
フォトフェイシャルは、幅のある波長を持ち何種類もの光が集まっているので、肌へのダメージはほとんどありません。
クリニックで行われるフォトフェイシャルの光は、トラブルの原因になっているメラニンや毛細血管にあてられます。
照射された光はメラニンや毛細血管に反応して熱になり、影響を与えます。
そして、肌にいいコラーゲンなどを作る能力をアップするのです。
クリニックでのフォトフェイシャルは、肌本来の美しさを引き出す効果があります。

フォトフェイシャルとは光を使う治療。

2012.03.04 20:06|スキンケア
フォトフェイシャルという治療を、皮膚科や美容皮膚科、美容整形外科では行います。
フォトフェイシャルは光を使う治療です。
IPLという特殊なフィルターを通して作った光を使って、皮膚科などではフォトフェイシャルをしています。
施術の必要な部位に光を照射することで、しわやたるみ解消、にきびやそばかす対策ができます。
フォトフェイシャルの光はIPL®(Intense Pulsed Light)といってレーザーとはまったく違います。
まるでカメラのフラッシュのようなやさしい光ですから、フォトフェイシャルは痛みもほとんどないマイルドなやさしい治療なのです。
フォトフェイシャルのIPLは特定のものに反応する光です。特定のものというのは、おもにメラニンです。
本来ならば白い肌にメラニン色素によるそばかすやしみがある時は、IPL光でメラニン色素にダメージを与えて美白を助けるのです。
肌の保湿に欠かせないコラーゲンを体内で作る能力は加齢と共に失われがちですが、光の作用でコラーゲンを作りやすくしてくれます。
お肌の水分を保ち、シワやシミのない肌にする効果が、IPLを肌にあてることによってもたらされます。光を用いる美容施術にはレーザーもありますが、差はどこにあるのでしょう。
レーザー治療の場合、治療後に色素沈着などが生じることがあります。フォトフェイシャルでは、何のトラブルもなく肌の悩みを解決することができます。フォトフェイシャルはエステの看護師が担当することがあるようですが、美容皮膚科の医師に施術を頼む方が安心感が強いでしょう。部位や症状にもよりますが、3週間で5度くらいのペースで通わなければフォトフェイシャルはできません。年齢や肌質、生活環境などでも肌質は人によって違いますので、皮膚科のフォトフェイシャルの成果も差があります。

若返り肌とフェイスリフトにはデメリットもあります。

2012.03.04 19:34|スキンケア
フェイスリフト施術は若返り肌になることにかなり期待できますが、嬉しい事ばかりではありません。
短所が全くないわけではないことを理解しておく必要があります。
美容技術力はかなり向上しておりますが、設備の性能、施術する医師の技能により結果は左右されます。
期待していた方向とは異なるような若返りがなされてしまったという人もいます。
若返り肌になる為にフェイスリフトを受ける際は、不安要素はすべて解消してから受けることをお勧めします。
フェイスリフトの痕ができてしまったり、引き上げる加減によっては表情に違和感が出るようになったりといった事例も存在するようです。
施術後に後悔しないように、肌を引っ張る時のさじ加減や方向、メスの入れ方についてフェイスリフトを担当する人とコミュニケーションをはかっておくことです。
もう一つのデメリットは、手術に5~6時間程度かかり、術後も5日から7日ほどは包帯圧迫をしなければいけないことです。毎日会社に出勤しているという人にとっては、2週間ほどは腫れが引かないというのも重要な問題です。
最後のデメリットは、金額的な問題です。いろいろな種類があると言っても、30万から100万円ぐらいという金額は決して安くはありません。とはいえ、フェイスリフトを行うことで10歳以上の若返り効果が期待できます。本当に若返ることができるならば、世の女性たちにとってはフェイスリフトはそれだけの価値があります。

若返りとフェイスリフトの種類

2012.03.04 16:59|スキンケア
フェイスリフトアップで若返りを行う人が増えているようです。フェイスリフトアップの技法は複数ありますが、どんなものでしょう。ほとんどの場合はフェイスリフトアップというと、SMASという皮下組織を引き上げることでたるみを解消します。頬やこめかみのフェイスリフトアップを行いたいという時、SMASを引き上げるためにうなじや耳介のまわり、頭髪を一部剥がすことになります。フェイスリフトアップでは10年、時には20年も若返って見えることが不可能ではないとされているようです。全身麻酔での手術が一般的で、術後は一週間ほど皮膚が腫れることがあるといいます。フェイスリフトの中には、わずかなエリアに対して施すミニリフトという技法も存在します。頬の部分や、首など一部のみ行われるものです。皮膚を切らずにできる手軽な方法もあり、軽い気持ちで受けられることから40代や50代の方が若返りを目的として多く利用しています。別名フェザーリフトともいい、時間をかけずにできて手術の痕が残りにくいのが利点です。体内で分解される糸などを用いて顔のラインを持ち上げます。ただし、ミニリフトの効果は一般的なリフトより短く、1年ないし2年程度でリフトアップ効果は失われていきます。メスを使わないフェイスリフトアップの場合切開しない為、傷跡も残らず若返りする事が出来ます。どのフェイスリフトアップならどんな効果があるか、施術後の腫れはどの程度か、若返り効果の持続時間など様々な角度から比較して検討しましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。